dance impro session『 春と灼熱 / burnout in spring 』
a0168325_15535512.jpg


兼ねてより即興でご一緒したいと考えていたダンサー、吾妻琳さんとの念願のセッションです。吾妻さんと私、南弓子の共通点には、舞踏を出発点としてコンテンポラリーダンスに移行した点、また美術大学を経過している点など、幾つかありますが、世代や経緯の違いなど、相違点もまた興味深く、非常に楽しみなセッションです。

『ダンス』また『舞踏』とは何か、、、それが垣間見れるセッションになるのではと考えています。二つの身体の出会いを是非、目撃しにきてください。テクニカルでコミカルで美しい島田篤さんの演奏、とにかく爆発的で情熱的な山沢輝人さんの演奏も楽しみです。(南弓子)

■日時:2010年3月13日(土)open 19:00 start 19:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約・当日とも ¥2,000

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 ※ ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
 http://www.geocities.jp/shioyag

■共催:塩屋音楽会




南弓子(ダンス)
ダンサー・振付家。柔軟な身体、舞踏とコンテンポラリーの両性、計算された世界観と、時に爆発する衝動性。京都ダンスプロダクション2007、ダンスボックスセレクション、日韓ダンスコンタクト、横浜ダンスコレクションなどに選出される。『ダンスがみたい!新人シリーズ8』で『オーディエンス賞』を授賞、2010年7月に神楽坂ディプラッツにて単独ソロ公演を予定。

吾妻琳(ダンス)
ダンサー・振付家。舞踏によってつちかわれた身体性と都会生まれのリアリティを前提に、現代性を取り入れた独自の舞台活動を展開。身体と日常の関係を詩的に表現する。韓日ダンスフェスティバル、横浜ダンスコレクション、踊りに行くぜ!などへ出演。主な振付作品として「天迷宮」「HOUSE」「月面に書かれたがごとき、私の名前」「DiAgRaM」「幽霊スポット」など。

島田篤(ピアノ)
ピアノ・キーボード演奏家。作編曲家。"独り"の魅力に取付かれ、40歳を契機にソロを始めライフワークとする。自作の楽曲・唄 を、ピアノソロ・弾き語り・即興を混在させた形で演奏。エフェクトを駆使する等、音響 的にも独自の表現を模索展開中。
下田逸郎、滝本晃司等のシンガーソングライターとのライブ、CD制作。さねよしいさ子、火取ゆき、 歌人福島泰樹との共演など。多方面で精力的に活動。

山沢輝人(テナーサックス)
その独特の出で立ちと強烈な演奏は一見の価値あり。ソロを基本に多くの場所で活動中。
[PR]
by shioyagu2 | 2010-03-13 19:30 | 塩屋音楽会
<< 旧グッゲンハイム邸見学会:20... KING >>