松田ari幸一 Harmonica Live『Popity Pop』with 古橋一晃(Gt.)
a0168325_12253489.jpg


松田ari幸一のハーモニカは、その小さな穴が10個しか無いハーモニカで多彩なサウンドを紡ぎ出す。松田の出て来た畑は、60年代のアメリカのフォークである。同じ仲間でもあった故高田渡氏にはたいへん影響を受けた。普通に暮らす庶民の生活を歌に託し、アメリカのフォークソングを彼独自のスタイルに昇華した。松田自身も独自のハーモニカスタイルを築いている。数々の日本のミュージシャンとのセッション、映画やテレビ等でも一度は彼のハーモニカを耳にしていることでしょう。現在は、ギター、フィドル(ヴァイオリン)といったアコースティックな編成をとっていて、どんな世代にも受け入れられる楽しいライブになっている。

■日時:2010年4月9日(金)open 19:00 start 19:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約・当日共 ¥3,500

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 ※ ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
 http://www.geocities.jp/shioyag

■共催:塩屋音楽会




松田ari幸一

a0168325_12254110.jpg1947年
4月15日富山県魚津市に生まれる

1972年
「アーリータイムス・ストリングスバンド」に参加。シングル(CBS)1枚、LP(自主制作)に参加

1973年
泉谷しげるに誘われ「ラストショウ」を結成。彼のバックバンドとして2年間ツアーを。「黄金狂時代」「LIVE泉谷」を残す

1974年
ラストショウとして日本コロンビアに2枚のアルバムをリリース。以後、ニューミュージック胎動期(松任谷由実・大瀧詠一など)にハーモニカプレイヤーとして数々のレコーディングに参加。アリス・イルカ・中島みゆきなどのツアーの後、単独のソロ活動にはいる

1989年
世界的なファッションデザイナー山本耀司氏のヨージヤマモト・バンドに参加し、耀司氏にハーモニカも指導する

1990年
Yohji Yamamotoパリコレクションの音楽を任される。そのショーを見に来ていた映画監督のヴィム・ベンダーズは松田の音を絶賛

1991年
徳間ジャパンよりそのショーの音楽をCD化した「コンパルジョン」を発表

1996年
3月、初のソロアルバム「ボイス・オブ・ハーモニカ」を発表。同年夏にはライブ盤「シルクタッチ」を発表

2001年
Niall O'Lealy Irish Dancersのジャパンツアーに参加

2002年
アルバム「ハーモニカ・パラダイス」を発表

2008年
アルバム「ハーモニカ・ア・ラ・モード」を発表

2009年
8月、ニューアルバム「Popity Pop」を発表。

セッションワーク:ゴンチチ、オリジナル・ラブ、高橋幸宏、Charlie McCoy、徳武弘文、Brendon Power、大瀧詠一、高田渡、高石とも也、太田裕美、小泉今日子、福山雅治、石川さゆり、e.t.c。NHK-BS2「ふるさとの鉄道」音楽担当。http://www.ari-times.com/
[PR]
by shioyagu2 | 2010-04-09 19:30 | 塩屋音楽会
<< Capoeira Cais d... クロワッサン / すし / 電... >>