POLWECHSEL / HOSE
a0168325_15441192.jpg
a0168325_15442489.jpg


音響的即興の創設者にして後継者POLWECHSELと実験的冗談音楽の雄HOSE、
奇跡の共演!

■日時:2010年6月27日(日)open 19:00 start 19:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,500 / 当日 ¥3,000

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 ※ ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
 http://www.geocities.jp/shioyag

■共催:塩屋音楽会




POLWECHSEL
POLWECHSELは1993年にウィーンで結成された。当時から今まで残るメンバーはコントラバスのヴェアナー・ダッフェルデッカーとチェロのミヒャエル・モーザー。現在は、ラディアンのマーティン・ブランドルマイヤーと、ベルリン ブーカード・バインズを加えたカルテット編成となっている。これまで在籍したメンバーにブーカード・シュタングル、ラドゥ・マルファッティ、ジョン・ブッチャーがいる。POLWECHSELとしての共演者にクリスチャン・フェネス(“wrapped islands” erstwhile)、AMMのジョン・ティルバリー(“Field” HAT HUT)。「リダクショニズム」と呼ばれた分野の草分け的存在だが、常に「その後」を模索し、字義通りの実験音楽に取り組んで来た希有なグループである。「コンポジション/インプロヴィゼーション、アコースティック/エレクトロニクス、音楽におけるさまざまな対立項を乗り越え…」「現代音楽、ジャズ、エレクトニカ、あらゆるメソッドをジャンルにとらわれず駆使し…」といったコンセプトはとうの昔に使い古され、紹介文に用いるのも相当はばかられるようになった。しかし、20年近く前から探求を続けるその道のオリジネーターが未だそのような関心事のまわりを徘徊しているのだとしたら、それこそ天狗の鼻折れである。グループとしては初来日になる今回、エクスペリメンタリストとしての真価をみせてくれるに違いない。

Burkhard Beins (drums, percussion)
1964年生 ベルリン在住。80年代より活動。グループ:Perlonex, Activity Center, Polwechsel, Trio Sowari, Phosphor。主な共演者:Keith Rowe, Sven-Åke Johansson, Orm Finnendahl, Charlemagne Palestine, Phil Minton、ほか。

Martin Brandlmayr (drums, percussion)
1971年生。グループ: Radian, Trapist, Kapital band , Polwechsel。主な共演者:Collaborations with Siegrun Appelt, Burkhard Beins, Tony Buck, John Butcher, Peter Brandlmayr, Nicholas Bussmann, Werner Dafeldecker, Dieb 13, Axel Dörner, Christian Fennesz, Franz Hautzinger, Gina Hell, Florian Kmet, Christof Kurzmann, Klaus Lang,Toshimaru Nakamura, Andrea Neumann, Pure, Rashim, Sachiko M, Stefan Schneider, Martin Siewert, Burkhard Stangl, John Tilbury, Void, Joe Williamson, Otomo Yoshihide,.....

Werner Dafeldecker (double bass)
1964年生 ウィーン出身 ベルリン在住。durian records主宰。主な共演者:luc ferrari, john tilbury, otomo yoshihide, sachiko m, john butcher, franz hautzinger, david sylvian, christian fennesz, gene coleman, jim o rourke, tony buck, klangform wien, patrick pulsinger, burkhard stangl, eugene chadbourne, dean roberts, radu malfatti, taku sugimoto

Michael Moser (cello)
1959年 グラーツ出身 ウィーン在住。主な共演者:peter ablinger, bernhard lang, isabel mundry, helmut lachenmann, alvin lucier, klaus lang, otomo yoshihide, pauline olivieros, elliott sharp, nick collins, michael maierhof, phill niblock, tony oxley, zeitkratzer, klangforum wien

HOSE
前世紀末より活動するディプレッシヴ・イージー・リスニング五重奏。2007年7月にファーストアルバム『HOSE』を、2008年12月にセカンド『HOSE II』をリリース。2010年主な活動。1月、円盤ジャンボリーにてju seiと合同演奏。暗闇で泣き続けた後、ケイト・ブッシュとマドンナのカバー。mmmレコ発にて、mmmとkkkをうっかり間違え白い三角頭巾で登場する失態。その直後、江崎將史トランペット紛失。2月、田中功起ビデオ作品「トンカツに聴かせたいミュージック」をトンカツ屋で撮影するだけのために新潟へ赴くが、29年ぶりの大雪に見舞われ全員死にかける。委嘱元の新潟市美術館、他の作品から湧いたクモの群れが問題になり、展覧会中止。ほとんど誰にもみられぬままお蔵入りに。泉智也、ストレスとラーメンの食べ過ぎにより腸炎をおこし入退院を繰り返す。4月、ポレポレ東中野にて、宇波が音楽を担当した鎮西尚一『スリップ』上映にあわせて岸野雄一氏と合同ライブ。泉、宇波は覆麺五段。http://hose.hibarimusic.com/
[PR]
by shioyagu2 | 2010-06-27 19:30 | 塩屋音楽会
<< 手作りアロマクラフト教室 ma... ぼのフォトスクール1日体験教室 >>